2020年6月18日放送のあさイチで夏マスクの紫外線対策方法についてテレビ紹介されました!日焼け止めと肌荒れはどうする!?
マスクの夏の紫外線対策
今年は特に紫外線に要注意
理由は?
お肌の準備不足
対策は?
マスクの下も日焼け止め

ここに注意
目の下
鼻の下
覆われないところ

タイミング
外出する「前」

買物の前
洗濯物を干す前
お子さんと公園に行く前

皮膚科医の友利新先生が教えてくれました。

スポンサーリンク



夏のマスクの紫外線対策方法

マスクの下にも日焼け止めをむらなく塗らないと、マスク(紫外線)を通り越してしまいますので日焼けをしてしまいます。

マスクをしていてもちょっとはブロックしていますので日焼け止めを塗っているところとマスクのところでムラになりやすいので均一に日焼け止めをぬりましょう。

スポンサーリンク


紫外線を防いでくれるUVカットマスクは?

紫外線を防いでくれるUVカットマスクがありますがどうなの?

UVカットマスクを付けているとUVはカットしてくれますが逆に出ている場所とのムラをなくすために別の部分もマスクと同じようにしっかり日焼け止めを塗らないといけないです。

長時間のマスク着用の注意点は?

すれて肌が荒れることがあります。

日焼け止めがとれたりします。
とれたりする部分をしっかり日焼け止めを塗っていただきたいと思います。

<日焼け止めが落ちやすい部分>
目の下
鼻の下
覆われないところ

フェィスライン部分はシミなどになりやすいので気を付ける部分です。

しっかり塗ってくださいね。

ニキビや肌荒れができてしまうのですがどうすれば?

マスクをしていると2つの原因で肌荒れやニキビができたりします。

1.マスクによるすれ
2.マスクによるムレによって皮膚のバリア機能の低下によって水分が内側から逃げて行ってしまいます。

元からニキビ肌の人はニキビができやすい、乾燥肌の人は乾燥がおこってしまいます。

すれをなくすのはなかなか難しいので例えば、シルク素材のマスクや肌あたりのいい素材のマスクに変えてみる。

使い捨てのマスクを使わないといけない人はムレを防ぐためにマスクの内側にテッシュやコットン一枚入れておいて防止してみてください。

まとめ:夏マスクの紫外線対策方法

【夏マスクの紫外線対策方法】日焼け止めと肌荒れはどうする!?についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク