2020年7月6日放送のあさイチで唾液力を高める方法、唾液の量を増やすIgA(免疫グロブリンA)・かむ食事と料理についてテレビ紹介されました!
唾液を増やすドリンク、飲むだけで簡単に唾液を増やしてくれる!
唾液がよく出る料理テクニック、免疫力アップ術
神奈川歯科大学教授の槻木恵一さん(唾液のスペシャリスト)が紹介してくれました。
唾液力を高める方法はこちらです。

スポンサーリンク



唾液力を高める方法

唾液は「天然の万能薬」
唾液は口の中だけでなく全身にもいい影響が働くようになっています。

唾液力を高める理由

細菌の侵入を防ぐ
歯の修復
消化を助ける
活性酸素を軽少

唾液の質と量が大事!

唾液の質IgAチェックシート

IgA(免疫グロブリンA)
口から入る細菌をIgAが捕まえて退治してくれます。

唾液の免疫力
<唾液の質チェックシート>
①ヨーグルトなどの発酵食品をあまり食べない
②冷たい飲み物や食べ物をよく摂取する
③人よりご飯を早く食べ終わってしまう
④脂っこいものや肉が好き
⑤体操や散歩など簡単にできる運動でも面倒くさくてほとんどしない
⑥よく便秘になる、あるいは下痢になる

当てはまる項目が3つ以上当てはまると免疫力が低下している可能性があります。

槻木恵一さんおすすめIgAを高める方法

発酵食品を食べる
軽い運動

激しい運動は逆にIgAを下げてしまうので気を付けた方がいいです。

唾液の量チェックシート

梅干、レモンを見るだけで唾液が出やすい!?

スポンサーリンク


<唾液の量チェックシート>
①飲料水が手放せなくいつも持っている
②食事の時、食べ物お味噌汁やお茶などで流し込んでいる
③口の中がネバネバする、あるいはパサパサしている気がする
④気がつくと口で呼吸をしている
⑤口の中に口内炎などの傷ができやすい
⑥歯磨きをしているのに虫歯が多い

当てはまる項目が3つ以上当てはまると免疫力が低下している可能性があります。

健康の人の唾液は1リットルから1.5リットルほど出ています。

唾液の量を増やす食事と料理方法

「かむ」食事術よく噛む料理を作る
ポイント①:食材は大きめに切る
キャベツは大きめに切り、温野菜として食べる

ポイント②:かみごたえのある食材を使う
こんにゃく、鶏肉、レンコン、人参、ごぼうなどの材料で作る筑前煮がおすすめ

ポイント③:やわらかい料理にも一工夫
卵料理に大きめの干しエビを入れて噛む量を増やす
ちくわにきゅうりを入れた料理

<料理以外のかむかむポイント④>

足の裏をきちんと床につけて姿勢を正しく食べることによってかむ回数が増えます。

食事の時にお茶碗を持つと自然と姿勢が正しくなるのでおすすめです。

唾液腺マッサージ

舌下腺
耳下腺
顎下腺
指でゆっくり押してマッサージするのがおすすめ!

口臭が気になる人にも唾液腺マッサージがおすすめ!

まとめ:唾液力を高める

唾液の量を増やすIgA(免疫グロブリンA)・かむ食事と料理についてまとめました。
唾液ってとても大事な役割をしているんですね。気をつけたいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク