2020年7月10日放送のざわつく金曜日でざわつく金曜日で千葉県流山市みりんの驚きの活用術!みりんシロップ絶品レシピ!コーヒーに!?についてテレビ紹介されました!
和食の調味料「みりん」の驚きの活用術が明らかに! 長嶋一成・石原良純・高嶋ちさ子がみりん入りコーヒー・食パントーストを試飲!
調味料みりんで驚きの活用レシピはこちらです。

スポンサーリンク



流山みりんの驚きの活用術

白みりん発祥地で発見!調味料みりんで驚きの活用レシピ
和食の基本調味料
酒・しょう油・みりん

生産量日本一は千葉県
流山市は白みりん発祥地:江戸時代から栄える

みりん=お酒でアルコール分も14%くらいある

みりんの原形(室町時代)
焼酎にもち米と米麹を仕込んだもので奄美のある高級鮭として愛されていました。

江戸時代になると米の産地だった流山の酒蔵が澄んだ色の白みりんを製造
これが大きな評判を呼び流山は一大みりん供給地に 、江戸の食文化も花開き、白みりんは料理に旨味を足す調味料として使われるようになりました。

蔵のカフェ+ギャラリー灯環(とわ)の情報

みりんのシロップをかけて食べるみりんのスイートポテト

はちみつとは違った甘さ、1種類の甘さじゃなくて、いろんな甘さがあるからおいしい!

スポンサーリンク


蔵のカフェ+ギャラリー灯環(とわ)
住所:千葉県流山市流山 1丁目
電話番号: 04-7158-0221

みりんシロップレシピ


火にかけてアルコールを飛ばすと甘味と旨味がグググっと押し出されてくる
べっこう飴を溶かしたような味

一般の家庭ではコーヒーにみりんを入れて飲んでいました。

砂糖ではない自然のもち米の甘さが美味しいです。

子供のいる家庭では食パンのトーストとヨーグルトにみりんをかけて食べていました。
スイーツおやつにはかき氷にみりんをかけていました 。
※アルコールを飛ばしています。

納豆にもみりん、ネバネバがアップしてふわふわに!

高嶋家でもお正月にみりんをお屠蘇に!

みりん入りコーヒーを試飲

長嶋一成・石原良純・高嶋ちさ子がみりん入りコーヒーを試飲!

「甘くてまろやか!コーヒー苦みがとれちゃう!」

「苦みが消える!」

江戸時代みりんは栄養ドリンクとして飲まれていました。

みりんシロップのトーストを試食

長嶋一成・石原良純・高嶋ちさ子がみりんシロップの食パントーストを試飲!

「美味しい!なんだこれ!?」

「めちゃくちゃ甘い!」

「なんの味だろう?もち米と米麹、発酵の味!?」

まとめ:長嶋一成・石原良純・高嶋ちさ子がみりんを試食!

ざわつく金曜日で流山みりんの驚きの活用術!みりんシロップ絶品レシピ!コーヒー、食パンに!?についてまとめました。

みりんスイーツ作りはネット検索で調べて作ったことがありましたが今回のざわつく金曜日テレビ番組でいろんなレシピがあったので試したいです。

コーヒーに入れて飲んだことがないので試してみようと思います。

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク