2020年7月2日放送のあさイチでオステオカルシンで若返り、骨を強くする運動のかかと落としについてテレビ紹介されました!
骨を強くする運動、かかと落としがおすすめ!
かかと落としで骨を作る細胞が活性化!
食事にはカルシウム、ビタミンD、ビタミンKが多い食材がおすすめ!
かかと落としのやり方はこちらです。

スポンサーリンク



オステオカルシンで若返り

オステオカルシンとは?

骨を作る働きにオステオカルシンが出ることが分かってきました。
オステオカルシンは骨の中から血管を通して全身に広がります。

かかとに刺激を与えれば 骨が強くなるだけでなく、様々な動機に若返りのメッセージがを送ってくれるそうです。

かかと落としのやり方

1.両腕を上げながらかかとを上げる
2.両腕を下げてかかとをおろす

一日、2秒に一回、50回繰り返す。(分けて行ってもOK)

骨づくりをする情報が出て、オステオカルシンが出ます。
血管を通して全身にかけめぐるおすすめ運動です。

かかと落としは、簡単ですね。

骨のゴールデントライアングルとは?

食事
骨のゴールデントライアングルが必要!
骨の材料となるカルシウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、ビタミンKが重要

骨の骨格にカルシウムがペタンと貼り付けられる構造で骨はできています。

貼り付けるのりの役割がオステオカルシンで活性化するのが ビタミンKです。

オステオカルシンが不足すると骨からカルシウムが溶けやすくなり、骨がもろくなるそうです。

カルシウム、ビタミンD、ビタミンKがそろって骨は強くなるんです。

カルシウム、ビタミンD、ビタミンKが多い食材

骨強くする栄養素100gあたり

<カルシウム>
干しエビ 7100㎎
煮干し 2200㎎
牛乳 110㎎
チーズ(パルメザン)1300㎎
がんもどき 270㎎

<ビタミンD>
焼さけ 38.4
いくら 44
きくらげ(油いため)37.7
焼さんま 13
トロ(クロマグロ)18

<ビタミンK>
納豆(ひきわり)930
ほうれん草(葉・ゆで)320
春菊(葉・ゆで)460
ブロッコリー(ゆで)190
モロヘイヤ(ゆで)450

バランスよく食事にカルシウム、ビタミンD、ビタミンKを取り入れることが大事です。

まとめ:オステオカルシンで若返り

オステオカルシンで若返り、骨を強くする運動のかかと落としについてまとめました。

ぜひチャレンジしてくださいね。

スポンサーリンク