映画

流浪の月の映画で広瀬すずは横浜流星の顔を見るのも嫌?なぜ?口コミ感想は?

流浪の月の映画で広瀬すずは横浜流星の顔を見るのも嫌?なぜ?口コミ感想は?

凪良ゆうさんの小説「流浪の月」が映画化され、キャストの広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子が「王様のブランチ」に登場で映画「流浪の月(るろうのつき)」の撮影現場の裏話を教えてくれました。

流浪の月は、気持ち悪いと思う感想がありますが胸が苦しくなるような小説が好きな人にはおすすめの小説です。
>>流浪の月

流浪の月で広瀬すずが横浜流星の顔を見るのも嫌になった撮影とは?
「流浪の月」のあらすじは?

「流浪の月」映画・キャスト

「流浪の月」映画・キャスト

  • 家内更紗役は広瀬すずさん
  • 佐伯文役は松坂桃李さん
  • 文の恋人、谷あゆみ役は多部未華子さん
  • 更紗の恋人、中瀬亮役は横浜流星さん

流浪の月で広瀬すずは横浜流星の顔を見るのも嫌?

流浪の月で広瀬すずが横浜流星の顔を見るのも嫌になった撮影とは?

肉体的にいろいろ追いつめられる撮影シーンで8時間から9時間ぐらい撮っていた時で頭がガンガンなるぐらい泣きつかれていた時で流星くんの顔を見ると止まらなくなってしまったようです。

「嫌だ~」って言ってましたって広瀬すずさんが撮影現場の話しを語ってくれました。

「流浪の月」のあらすじ

「流浪の月」のあらすじ

再会すべきではなかった男女が15年後、もう一度出会う。
運命は周囲の人間を巻き込みながら再び始まる、愛よりも切ない物語。
世界の片隅で生きる”許されないふたり”の未来とは?

流浪の月は、気持ち悪いと思う感想がありますが胸が苦しくなるような小説が好きな人にはおすすめの小説です。

いろんな幸せな形があり、考えさせられる小説です。

【流浪の月】映画の口コミ感想は?

【流浪の月】映画の口コミ感想

「流浪の月」文庫

「流浪の月」文庫

流浪の月【電子書籍】

まとめ

流浪の月の映画で広瀬すずは横浜流星の顔を見るのも嫌?なぜ?口コミ感想は?についてまとめました。

流浪の月の口コミ感想は、泣ける映画ってわかりました。
「おもしろかった」の感想も多かったです!

スポンサーリンク