タレント

山下智久(山P)がブランドのブルガリのアンバサダーとはどういう意味?歴代は誰?

ブルガリ

山下智久(山P)がブランドのブルガリのアンバサダーに就任でアンバサダーとはどういう意味がわからないの調べてみました。

アンバサダーとは、英語で「大使」という意味のようです。
ホテルではディズニー・アンバサダー・ホテルが有名です。

ブルガリのアンバサダーはどういう意味なんでしょうか?調査しました。

ブルガリのアンバサダーの歴代人物も気になるので調べました。

ブルガリのアンバサダーはどういう意味?

アンバサダーとは?


日本では広報や宣伝の部類の「大使」ということでイメージキャラクターのような意味合いで使われています。

芸能人などの有名人を起用でブランド商品のキャンペーン実施など使用があります。

ブログやソーシャルメディアなどのオンラインで活躍しているインフルエンサーと違って、ブランドアンバサダーは、ブランドのイメージキャラクターとなるので契約を結び、キャンペーンやイベントなどでブランドを広める役割があります。

ブルガリのアンバサダー歴代は?


2018年にブルガリのアンバサダーに日本初歴代最年少の15歳で木村 光希(きむら みつき)が就任しています。

木村 光希さんと言えば、父親は俳優の木村拓哉さん、母親は歌手の工藤静香さん、姉は音楽家のCocomiさんです。

すごい人物がブルガリのアンバサダー歴代に存在していたんですね。

まとめ

山下智久(山P)がブランドのブルガリのアンバサダーとはどういう意味?歴代は誰?についてまとめました。

山下智久(やました ともひさ)さん、世界有名なブランド「ブルガリ」のアンバサダーでの活躍が楽しみです。

山PのSNS写真がブランドの公式として観られるのでブルガリファッション姿を楽しみたいと思います。

ブルガリのアンバサダー歴代では、当時15歳の木村 光希さんが就任活動していたことを思い出しました。

両親が木村拓哉さん、工藤静香さんだと知名度が違いますね。